小さな家具とカトラリーを 朝倉市美奈宜の杜から

趣味が高じて工房まで作ってしまったおじさん手作りの小さな家具とカトラリーです。

サクラ・クリ・ケヤキなどの無垢の木を手仕事で形あるものに仕上げ、植物オイルを刷り込んでいます。機械仕上げの正確さはありませんが、樹の持つ暖かさをあなたの暮らしの一場面にお届けできれば幸いです。 ギャラリーのページで最近の作品をご覧ください。

作品について・・・材の顔を見ながらホゾ組み、蟻継ぎ等による堅牢な造り。

         仕上げは、荏油、アマニ油、蜜蝋の刷り込みになります。

 

価格について・・・技術的にまだまだ未熟でもあり手軽に無垢材に触れていただく為にも

         お手頃な値段設定にしております。  メールにてお問い合わせください。

 

皿やスプーン等の取り扱いについて

 使用後は、軽く水洗いしてすぐに水気を拭き取ります。家具類についた汚れも水拭きしてください。

 時々ご家庭にある植物性オイルを布で薄く刷り込んでやるとツヤが戻ります。

 

 

 小さな木切れからも スプーンやナイフが生まれます・曲がっていたり

 

 われている部分もそれなりに使えば おもしろいものができたりします

 

 こけら落としのこけらには 木の屑の意味もあり 小さな木っ端まで

 

 大事に使っていきたい思いから 工房を(こけら)と名ずけました。